タイヤの劣化に注意して交換時期を見極めましょう

タイヤ交換ネット

タイヤ交換の時期

タイヤは消耗品です

タイヤは消耗品なので、定期的に交換することは絶対必要となります。そもそもタイヤの中にはひび割れを防止する油が入っているのですが、年数が経つとその油もなくなっていき、タイヤは劣化してしまいます。

タイヤの寿命は3~4年

タイヤの寿命の目安としては、だいたい3~4年と考えると良いでしょう。走行距離が短かったとしても、タイヤのゴムの劣化は避けられません。この期間を超過してタイヤを使い続けないようにしましょう。タイヤ交換の料金が気になる場合には、アジアタイヤなど値段の安いタイヤもあります。

地域によってすり減るスピードも早い

タイヤは右左折をするときに負荷がかかりやすく、タイヤがすり減る量が増えてしまいます。そのため、曲がり角を多く曲がる場合にはタイヤがすり減るスピードも早いといえるでしょう。

車によっても劣化のスピードが変わる

車の種類によっても劣化の速度が変わります。例えば軽自動車などの前輪に負荷がかかりやすい車は、前輪の劣化が早まります。1tトラックといった重量が重い車両も、重さと熱の負担で前輪の劣化が特に早くなります。

タイヤの劣化に関する質問

タイヤがいつ製造されたのか知りたい

タイヤの側面には、製造された年と週が刻まれています。たとえば3016の場合には2016年製造の30週目に作られたことになります。

ヒビ割れはどこにできますか?

タイヤのヒビ割れが発生するのはタイヤの側面となります。タイヤの側面にしわのようなヒビ割れが発生します。側面にヒビが入ることで、そこにさらに負荷がかかり、大きな裂け目となってしまいます。

タイヤはどの程度すり減ると危険ですか?

タイヤの溝が3.5ミリを下回ると、性能は急激に落ちてしまいます。特にスリップを起こしやすくなりますので、3.5ミリまでが限界だと考えておくと良いでしょう。

タイヤを長持ちさせる方法はありますか?

タイヤを長持ちさせるのに良い方法が、タイヤをローテーションさせることです。負荷がかかりやすい場所にあるタイヤとかかりにくい場所にあるタイヤを、定期的に入れ替えるということです。

タイヤがパンクしたら?

タイヤがパンクを起こした際にはスペアタイヤに取り換えましょう。自分でできない場合には業者を呼ぶ必要があります。もしもスペアタイヤに換えた場合、スペアタイヤは一時的なタイヤと考え、そのまま走行し続けるのはやめましょう。